M男のためのログ倉庫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告
サディスト女性ほんと好き
Club MASOINWASH -鶴岡アイ編-
Club MASOINWASH 2 -氷見ミコト編-
Club MASOINWASH 3 -舞鶴ローザ編-
エムさん。
DMM同人逆アナルランキング
三次M男ランキング
注目記事

関連マゾ記事

web拍手 by FC2
二次元コミックマガジン 玉責め調教で屈服射精イキ! Vol.1
Girls for M vol.13
L.Q.M 〜リトル クイン マウント〜 vol.3
2014/09/06(土) 16:44
ちょw
その2を早くww
2014/09/09(火) 14:30
焦らしか?
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する
--/--/-- --:--  スポンサー広告

後輩M男を圧迫してくる筋肉質でSな先輩 その1

719 名無し調教中。 2014/08/08(金) 16:40:30.23 ID:jieQuWcq
学生時代の経験談です。

私が2年生の時に、3年生にSっ気の強い女の先輩がいました。
スペックは166cmほど(私とほとんどかわらないのでそのくらいかなと)で肩幅が広く高校までスポーツをしていたため肩幅が広く少しがっちりとした印象のある方です(太っているという感じではないですが運動をやめて少しぽちゃっとしている感じもしました)
普段からMっ気のある僕は後輩なのにお菓子やジュースをおごらされていたり
足を踏まれたりしていたのですが、圧迫好きの僕としては「何とかして乗っかられたいな~」とか「このがっしりとした脚で踏まれたいな」とかそんな妄想をしていました。

ある時、その先輩を交えて同級生の男3人と先輩の女3人で友達の家で講義終わりにご飯を食べてそのまま同級生の家に流れることになりました。
大学生の一人暮らしの家に6人が入ったため、モノもいろいろ散乱していたので6人で狭い中案疎なテーブルで酒盛りをしていたのですが、数時間経つとそれぞれ足を崩したり体勢を替えながら話をしていました。

私はそんな中唯一の入り口、玄関や台所、トイレに続く通路側にいたので
体勢が辛くなってくると、玄関側に足を伸ばしうつ伏せで会話に参加していました。

話は弾み、その先輩(仮にNさんとしましょう)の恋愛話に発展していました。
NさんはM男目線で見るとなかなか素晴らしい身体の持ち主ですが
決して美人とは言えず、胸も残念だったために、なかなか彼氏ができないことをいじって笑っていました。
会話の最後は僕がNさんをいじって笑いが起こり、その笑いが静まってひと段落しました。
そのタイミングを見計らったように一番部屋の奥に座っていたNさんが立ち上がりました。
ボクとカノジョのアブナイ性癖
720 名無し調教中。 2014/08/08(金) 16:41:02.56 ID:jieQuWcq
「トイレ借りるね」

夏場だったこともありNさんは緑の短いショートパンツにTシャツ1枚という格好でした。
普通の女子大生より筋肉質で健康的な太ももに私は釘づけになりそうだったのですが
興味のない振りをして顔を下げました。

しかし、部屋を出る前にNさんは私をまたごうとはしませんでした。
僕を床の一部のように右足で踏みつけてトイレへ向かいました。

「うえっ」

突然の出来事に驚き半分、そして嬉しさ半分で僕は先輩の方を見ました。

「散々いじられた仕返しだよ」
と言わんばかりに満足そうな表情を浮かべたNさんがそのままトイレに向かいました。
Nさんがトイレから帰ってくるまでの間、元の場所に戻るまでにもう一度僕を踏んでくれないかなと期待を胸に秘めて待っていました(友人と他の先輩もいたのでそんなことは口に出せませんでしたが)

そして部屋のドアが再び開き、Nさんが戻ってきました。

721 名無し調教中。 2014/08/08(金) 16:41:44.75 ID:jieQuWcq
「ねぇ、さっき重かった?」
「大腸がつぶれましたよ」
Nさんが部屋に入るなり聞いてくるのでそう答えた。
まさかもういちどやってくれなんて言えるわけがなかった。
しかしNさんの行動は私の期待と予想を上回った。
今度は右足を背中に乗せたあと、数秒全体重がかかるように私の背中の上に静止してから元の場所に戻って行った。
先ほどとは違って心の準備ができていたので「うえっ」という声は出しませんでしたが、Nさんの満足そうな顔と、何の悪びれもないような素振りに大変興奮したのを覚えています。

それから私も間髪入れずに用を足して、それからいつNさんがトイレに立っても僕を踏みつけていけるようにうつ伏せの姿勢を崩しませんでした。
そして酒が進んでいるためか、それとも味を占めたのかわかりませんが、30分も立たないうちにNさんはトイレに立ちました、そして今度は確実に寝そべった私の傍で足を止めて右足を背中に乗せて何かを確認していました。
すると今度は続けて左足を背中に乗せて、両足で私の背中の上に立ちました。
すごい圧迫感が背中を襲ったのは今でも覚えています、決して細くない…恐らく60キロの大台には乗っているだろう全体重が私の背中の上にすべて乗っている。
5秒ほどしてNさんは降りて本来の目的であるトイレに向かいました。

「うえっ…死ぬかと思ったー」
幸福感をひた隠し、できるだけ嫌がっているような顔で友人や先輩たちに言いました。
友人や先輩も酒に酔っていたのもあり各々話が進んでいることや、Nさんが常々Sっ気の強い人だということもあり驚く様子もなくその場は流れて行きました。
だが私を踏みつけることに恐らく快楽を得たNさんはトイレから戻ると僕を床のように踏みつけた後に、自分の場所に戻ることなく僕の背中に腰を下ろしました。
「私、戻るの面倒だからここに座るね」
そういうと改めて腰を浮かして、大きなお尻で僕の背中にずしんと座りました。
ウッと言ううめき声が自然と出てくるのが早いかどうか、Nさんの足が伸びて僕の肩口から視界の先までに投げ出されています。
それから僕は30分ほどNさんに座られていました。

722 名無し調教中。 2014/08/08(金) 16:43:29.82 ID:jieQuWcq
それから30分経った時に缶チューハイがなくなったので買いに行くという流れになって
ジャンケンに負けたNさんが買い出しに行くことになり僕の背中を離れました。
そこで僕は夢のような時間が終わりを告げたことが残念でなりませんでしたが
この時点で欲が出ていた私はさらなる挑戦をNさんに仕掛けるのでした。

「もう夜も遅いから、俺ちょっとNさん手伝ってくるわ」
そう言ってNさんから数分遅れでNさんを追いかけました。
他愛もない会話のが続き、コンビニで缶チューハイと少々のつまみ、焼酎、ソフトドリンク等を買い足して友人宅に戻るとき、僕は勝負に出ました。

「ホントに背中に乗られた時はびっくりしましたよ」
「あははは、重くなかったー?」
Nさんが笑いながら悪戯っぽく聞き返してきた。
「実際、全然余裕っすよ、男ってやっぱ力あるんで、Nさんの体重くらい余裕っすよ」
そして酒がまわっていたために勢いでこう続けた。
「もう家までおんぶとかも全然余裕っすよ」
するとNさんがにやっと笑いながら返してきた。
「ほんとにー、じゃあみんなとバイバイしたあと家までおんぶで送ってもらおうかなー」
そんな会話をしながら友人宅へ戻った。

友人宅にはそこから約1時間半くらい残って飲んでいたのだろうか。
実家通いの一番家から遠い奴が終電で帰ることになって、その流れで片付け、解散となった。
私も当時は実家暮らしだったために、そのあと別の先輩と電車で帰り、Nさん含むほかの人とは一度サヨナラをしたが、コンビニ帰りのNさんとの会話のことを思い出して「忘れ物をした」と言って友人宅に戻る振りをしてNさんを追いかけた。

723 名無し調教中。 2014/08/08(金) 16:45:17.74 ID:jieQuWcq
そして意を決してNさんに声をかけた。
「あれ?帰ったんじゃなかったの?」
「本屋(たまたまNさんの家の傍にある)に行く用事思い出して」
「そうなんだー」
そういって一度会話が途切れたが、私が勇気を振り絞って切り出した。
「じゃあせっかくだからおんぶして家まで送りましょうか?」
「えー、ほんとにー?」
最初はあまり乗り気でなさそうだったが、周囲を見回して人気のなさを確認して
「じゃあ乗るね、落とさないでよ」と上から目線で言うと、どかんと遠慮なく乗っかってきた。
Nさんの家まではそんなに距離はなかったが、やはりしばらくすると通常の女性より重いであろうNさんの体重のせいか、かなり苦しくなってきた。
アパートが見えるところまで来たとき、右足がガクンとなった。
「もし落としたら私の体重が重いってことだからね、失礼だからね」
「大丈夫です」そういってなんとかアパートの近くまで行った。
私はアパートの場所までは知ってたが、何号室に住んでいるかわからなかった。
「途中で下ろしたらお仕置きだからね」「はい」
とかそんな会話をしながらアパートに到着。
「私の部屋、2階だから」「えっ、まじですか?」
手すりにつかまって2階まで上がる、すると「嘘だから」Nさんが笑いながら言う。
そこでとうとう私はギブアップしてNさんを下ろす。
「あーあ」とか言われながら、私はNさんに謝り、帰ろうとしたが…
「え?せっかくだから上がっていきなよ」と言われたのでご厚意に甘えることにした。
しかし、そのご厚意がとんでもない展開に繋がっていることを私は考えてもいなかったのだ。


SM女王 圧迫 2 MAO女王
2014/09/05 18:05  体験談

「体験談」の関連記事

サディスト女性ほんと好き
Club MASOINWASH -鶴岡アイ編-
Club MASOINWASH 2 -氷見ミコト編-
Club MASOINWASH 3 -舞鶴ローザ編-
エムさん。
DMM同人逆アナルランキング
三次M男ランキング
注目記事

関連マゾ記事

web拍手 by FC2
二次元コミックマガジン 玉責め調教で屈服射精イキ! Vol.1
Girls for M vol.13
L.Q.M 〜リトル クイン マウント〜 vol.3
2014/09/06(土) 16:44
ちょw
その2を早くww
2014/09/09(火) 14:30
焦らしか?
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する
2014/09/05 18:05  体験談
広告
このブログについて
M男のためのログ倉庫は、M男向け体験談まとめブログです。
股間にヒットするようなブログになれればいいなと思います。
この日記のはてなブックマーク数
月別アーカイブ
タグリスト
検索フォーム
一言&カウンター
どんな記事が出るかな?
イチオシ
  • Club MASOINWASH 3 -舞鶴ローザ編-
  • Club MASOINWASH 2 -氷見ミコト編-
  • Club MASOINWASH -鶴岡アイ編-
  • リラクゼーション癒香・M 〜マッサージからマゾへの快楽調教 サキ女王様編〜
  • 小悪魔フェムドム去勢M男メス化トレーニング
スポンサード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。